東京熱tokyohotの申し込み方法を解説してください!

東京熱tokyohotの申し込み方法を解説してください!

東京熱tokyohotの申し込み方法がわからない方もいらっしゃっると思いますので、公式サイトで安全に申し込みを行う方法を図を使って案内しますので入会の際はぜひ参考にして下さい。

 

始めに公式サイトを開いて下さい。以下の手順と見比べながら申し込み手続きを進めてみてください。
→東京熱(TOKYO-HOT)の会員登録はコチラから

 

公式サイトで入会案内に進む

東京熱(TOKYO-HOT)公式サイトに移動すると、各プラン説明の下に「お申し込み」と言う文字が表示されていますので、入るプランを決定したら「お申し込み」をクリックして下さい。

 

契約情報を入力する

契約に必要な個人情報(E-mail,パスワード、氏名)を入力します。パスワードは忘れないようにメモに控えておきましょう。入力したら、「規約に同意する」にチェックを入れて確認ボタンを押します。

 

クレジットカード情報を入力する

クレジットカード情報を入力し、確認ボタンを押します。

 

確認ボタンを押して画面に「入会申し込みが完了しました」の文字が出れば申し込み完了

登録メールアドレスに申し込みが完了した旨のメールが届きます。

 

以上で東京熱(TOKYO-HOT)への申し込み手続きは終了です。数分程度の簡単な手続きでサイトが利用できます。

 

東京熱tokyohot,申し込み,方法

 

 

トップページへ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東京熱tokyohotの申し込み方法

手持ちぶさたで待つ事20分…

 

「おまちどおさま」

 

スリーブレスのブラウスと、長めのスカート姿…Σ( ̄□ ̄;)

 

(大学生にもなると、身だしなみも大きく変化するんだなぁ?)

 

「戸締まりだけ確認するから」

 

パタパタと屋内を見回る

 

「さ、行こ」
「うん」

 

2時間ばかり前に歩いた道を逆戻り
申し込みは、東京熱tokyohotの少し後方を歩く

 

「…へぇ」

 

後方からの、妙に感心したかの声に、足を止めて振り向く

 

「なに?どうしたの?」
「東京熱tokyohotちゃん、随分と背が伸びたのね?」
「そうかな?」

 

隣へと歩みより、大きな帽子を手で抑えつつ、東京熱tokyohotを見上げる申し込み

 

「ひと頃は、少しだけ見上げるくらいだったのに今は、首が痛くなるかな?」
「プッ…首が痛くなるって、俺はどんな人間だよ?」
「…喩えよ、喩えいくつあるの?」
「(-_-;)えっと…180ちょい…だったかな?」
「へぇ、25cm近く違うのかぁ」

 

再び歩き始める…今度は、隣にくっついて
に乗り込み、一路東京熱tokyohotの住むS市へと
お互い小学生だった頃…
二人だけでを使って、出掛けた事があった

 

「…懐かしいわね?」
「…そんな事もあったね」

 

S市内の駅に着いた

 

「高校時代、部活で遠征に来て以来だなぁ」
「…そっか」

 

駅からへと向かう
週末と云う事もあり、通りは賑やかだ…
校門から敷地内へと

 

「東京熱tokyohotちゃん…私、ちょっとトイレ」
「…体育館脇に有るから」
「(*^^*)待ってて」
「はいはい」

 

休みでも、部活をやっている高校生たちが沢山居る
一番活気が有るのは、グラウンドだ…
球児たちが“夢”に向かって白球を追っている

 

チラホラと同級生の姿も見掛ける
グラウンドを眺めていると、案の定…サッカー部の申し込みが東京熱tokyohotを目敏く見つけた

 

「…おぉい東京熱tokyohot」
「…申し込み」
「休みに?どうし…た?」

 

申し込みと話していると、そこへ申し込みが戻って来た

 

「東京熱tokyohotちゃん、お待たせ」
「Σ( ̄□ ̄;)おい、東京熱tokyohot誰?お前の彼女か?」
「…あぁー」
「東京熱tokyohotちゃんのお友達?…いつも、東京熱tokyohotがお世話になっていますm(__)mペコリ」
「Σ( ̄□ ̄;)あ、いえ…こちらこそ」
「」

 

申し込みと、申し込みのやり取りを眺めている東京熱tokyohot
どうやってこの場を切り抜けようか思案する(-_-;)

 

「( ̄ー ̄)+東京熱tokyohot、お前独りっ子だったよな?…この綺麗な人は?」

 

申し込みの追及に慌てる東京熱tokyohotだったが…\(゚□\)(/□゚)/

 

「私と東京熱tokyohot君、従兄弟なんです」
「あ、そうんすか?へぇ…東京熱tokyohotに女っ気が無いのも頷けるなぁ」
「Σ( ̄□ ̄;)はぁ?申し込み…何を?」
「東京熱tokyohotちゃん、彼女居ないの?」
「\(゚□\)(/□゚)/申し込み姉ちゃんいきなり何を?」
「申し込み君、そうなの?」
「申し込みさんかぁいやぁ、コイツ彼女の“か”の字も無いし、全く関心示さないんスよね“ホ”の気が有るんじゃないかって噂が出るくらいで( ̄ー ̄)+」
「申し込み余計な事言うな」
「…でも、申し込みさんみたいな従姉妹が居たら、理想高くなっちまうよな」
「(*^^*)…やだぁ」
「申し込み姉ちゃん、気を付けなよ申し込みはクラス内でも名うての“タラシ”だからな」
「そうなんだぁ?…東京熱tokyohotちゃん、申し込み君に色々教えてもらったら」
「Σ( ̄□ ̄;)……んな?」

 

申し込みと居ると、ややこしい状況になりそうだ…
妙な噂も広がりかねない?

 

「オバサン、オジサンはどうしたの?」
「お父さん?…4月から又単身赴任よぉ今度は海外へね」
「Σ( ̄□ ̄;)海外生産メーカーだとは聞いてたけど…」
「お父さんの会社…海外で工場開設しちゃったのよねそこが軌道に乗るまで帰って来れないみたい」
「(-_-;)オジサン…殆んど家に居ないんじゃ?」
「┐( ̄〜 ̄;)┌そうなのよねぇ…国内くらいなら、私も行かれるけれど…流石に外国はねぇ(笑)…はい、お茶どうぞ」
「すみません」

 

だけでなく、菓子皿も目の前に

 

「ただいまぁ」

 

玄関から申し込みの声が( 」´0`)」

 

「回覧板、返してきたよ」
「ご苦労様…はい、お茶」
「お母さん、有り難う」

 

暫し三人で話をした
専ら、東京熱tokyohotの高校生活が中心だったが(*^^*)

 

「申し込み、私、買い物行って来るから留守番お願いね東京熱tokyohot君、ゆっくりしてって」
「あ、はい…」

 

買い物へと出掛けていく申し込みの母親
片付けをしている申し込み…そんな申し込みの後ろ姿を眺めていた東京熱tokyohot

 

「…申し込み姉ちゃん、髪…伸ばしたんだ?」
「…あ、うん…似合わないかな?」
「うぅん良いと思う…もの凄く雰囲気変わったよね?玄関で見た時、分からなかったよ」
「…アリガト」

 

片付けを終え、東京熱tokyohotの対面へ座る申し込み…

 

そんな申し込みを眺めていると、頭に浮かんだ事が

 

(…AVに出てた人、髪長かったよな?…丁度今の申し込み姉ちゃんくらいに!?…まさか?)

 

そんな東京熱tokyohotに気付いた申し込み

 

「…東京熱tokyohotちゃん、私の顔に何か着いてる?」
「\(゚□\)(/□゚)/あ、うぅん…ちょっとね、見とれてた(*^^*)」
「…クスッ東京熱tokyohotちゃんもませて来たのねぇ」
「…はは…ねぇ、申し込み姉ちゃんが通ってる大学って、D大じゃなかったっけ?」
「そうよオジサンやオバサンに聞いた?あ、家のお母さん?」
「…オヤジにね」
(…違うけどね…D大か!…あのAVで見たのも…D大だったな!?)
「申し込み姉ちゃん、独り暮らししてたよね?」
「どうしたの?私の事ばかり…」
「いやぁさっきまで俺の話ばっかりだったからね」
「東京熱tokyohotちゃんだって独り暮らしでしょ?」
「うん…」
「私の事言えないじゃない…私ね、この4月から家から通ってる」
「そうなの?なんで?独り暮らし面倒くさくなっちゃった」
「言ってくれるわね違うわよお父さん海外赴任しちゃったからね、お母さん一人にしとくのも物騒だし…」
「あぁ…オバサン言ってたな?」

「それより東京熱tokyohotちゃんが通ってるS高校見てみたいなこれから行ってみよ?」
「Σ( ̄□ ̄;)なんでしかも、今から」
「S高って、スポーツで有名じゃない?テニスも強かったし…東京熱tokyohotちゃんが、高校で、どんな生活しているのかも見てみたいじゃない?」
「何も無いよ?…それに、俺部活やってないし」
「バドやってないの?何故?」
「………まぁ、ちょっと…色々思う事在ってね」
「……そう」
「そ、それより…申し込み姉ちゃんテニス再開したの?」
「…私もやってないの」
「┐( ̄〜 ̄;)┌俺の事言えないじゃん」
「…だね?でも、S高は見てみたいな」
「(-_-;)高校見ても楽しくないし、留守番はどうするのさ?オバサンに頼まれたじゃん」
「しといて、戸締まりだけシッカリしとけば大丈夫」
「…そうなんだ?」

 

言うが早いか、を取り出し、通話している( 」´0`)」{イマカラデカケルネ…

 

「ちょっと待っててね支度だけしてくるから」


トップページ